特殊清掃を行う上で必要なこと

特殊清掃を行う側からの立場で、特殊清掃の現場で注意することというのは何かあるのでしょうか。

実際に特殊清掃の現場で働く人の声を参考にまとめてみました。

やはり、孤独死で発見されるまでに日数が経ったところへ行く時は、それなりの心構えをして行くそうです。

季節によって、遺体の状況が様々なのはわかると思います。

真夏であれば腐敗がひどいでしょうから、害虫などの駆除も行わなければなりませんし、感染症の危険もあるので注意しなければなりません。

冬であっても、長い間発見されなければ腐敗は進みますし、注意することは同じです。

現場に行く前に依頼者から話を聞いて、だいたいどんな様子なのかはある程度予想し、必要なものは準備して行くようにしたいものです。

ごく一般的な家庭の年末の大掃除に行くのとはわけが違います。

特殊清掃の現場で働く時はご遺族の立場に立つことも必要ですし、また自分の身を守ることも必要です。

This entry was posted in 注意すべき事. Bookmark the permalink.

Comments are closed.